普通借家権は借主に有利なように決められる

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産

ビル

普通借家権は借主に有利なように決められる

不動産の賃貸業としては、アパートやワンルームマンションなどになるでしょう。
これらは普通借家権によって貸す権利を借主に与えます。
この時どんな契約をしないといけないかです。
決まりとしては、1年以上にしないといけないことが決められています。
よくあるのは2年でしょう。
2年ごとに更新をするタイプです。
1年未満の契約は期間の定めがないものとされます。
普通借家権の場合、借主は基本的にはいつでも契約の解除を申し出ることができます。
もちろんある日に申し出てその日に解除されることはありません。
1箇月ぐらい前に伝えるのが一般的です。
ただ、特に理由などは求められません。
自分の好きな時に解除ができます。
フリーレントなどでは一定期間利用することを条件にしているものもあります。
では、貸主は借主との契約を容易に解除できるかです。
貸主の方から積極的にいうことはできません。
貸主が契約を解除するには、正当事由が必要になります。
どうしても解除したい場合には、立退料を払うケースが多いです。

ビル